June 06, 2006

【鰻】 やっ古(台東区浅草)

料理教室のお友達と『鰻』を食べに行こうという話になりました。。。料理教室で食べて、さらに『鰻』を食べようと言うのだから食いしん坊の欲望というのは果てしないデス。。。(私も行く気まんまんでしたが。。。)

『やっ古』は浅草にある老舗の鰻屋さん。(『やっこ』と読みます。やつ六ではありません。。ご注意!)

創業は寛政年間。なんと200年も続いているんです!!。。。店内は大正浪漫な趣でなんともお洒落です。私たちは階段を上って予約してあった2階のテーブル席へ。。。(座敷席もあるようです。。。)

Yakko_1桜(2,625円)。少々ピンボケです。

このお店では『梅』、『桜』、『桐』と三種類のうな重があります。
『梅』は鰻1尾、『桜』はそれよりちょっと大きめの鰻が1尾、『桐』は『梅』2尾分だそう。。。今回我々が注文したのは桜(2,625円)。大きめの鰻が堪能できます。出てきた鰻はとてもふっくら柔らかくて崩れそう。タレの味も香りもとても良くてあっという間に食べてしまいました。それから、う巻きも食べました。これも美味しかった!!

ちなみに、お店の方に聞いたのですが、うな重は山椒をかけて一度ふたを閉めて蒸らすのが良いそうです。確かに蒸らしてフタを外すと、良い香りがふんわりと広がりました。

土用の丑の日

さて、食事中『何故、土用の丑の日に鰻を食べるのか?』と言う話になりました。

江戸時代、ある鰻屋が物知りとして有名だった平賀源内に鰻の売り上げを上げる為の相談したところ『丑の日に『う』が付くものを食べると夏負けしない』と言う民間伝承からヒントを得て『本日丑の日』と店先に書くように勧めた事がはじまりと言う説が有力。

さらに詳しく調べてみると、鰻の旬は冬。この頃の鰻は脂が乗っていて美味しい。逆に夏の鰻は脂が落ちて淡白。。。そのため夏には鰻の売り上げは落ちていたのだそう。鰻屋が源内に相談を持ちかけたのは夏に鰻を売るためだったそうです。(ちなみに現在は養殖のオカゲ(?)で旬そのものがあいまいになってきていますが。。。)

これでは平賀源内にしてやられたと言う感じですが、鰻にはエレクチンという夏負けで衰えた体力の回復を促す栄養素が含まれているそうで、『夏に鰻』は医学的にも根拠があるようです。


非常に鰻も美味しくて、店の雰囲気も落ち着いていて良い店でした。デートはもちろん、接待などにも使えそうです。私たちの後ろの席で、美味しそうにうな重を食べながら一杯やっていた老夫婦が印象的でした。『両親を連れて行きたい。』そんな感じのお店でした。


今回の記事は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E7%94%A8%E3%81%AE%E4%B8%91%E3%81%AE%E6%97%A5
を参考にさせていただきました。


やっ古のホームページ
↑地図、営業時間等はこちら

美味しいブログがたくさんです。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

|

February 19, 2006

【ジビエ料理】 マタギが街に降りてきた(目黒区上目黒)

今日は中目黒にある焼きしゃぶのお店「マタギが街に降りてきた」です。かなり前から雑誌とかにも紹介されていて行ってみたかったお店です。豚肉ブーム→ジンギスカンブームと、世の中の流行に乗ってお肉をもりもり食べていたんですが、最近は更に他のお肉が食べたくなりました。

「マタギが街に降りてきた」はジビエ(野禽獣)料理のお店。ジビエ料理とは、猟師が鉄砲で撃った野生肉をそのまま料理する、決まった季節にしか食べられれない肉料理のことを言うそうです。(ちなみにマタギは東北地方で猟師。)

このお店ではめずらしい鹿・猪・熊などのお肉を食べることが出来ます。

食べ方はシンプル。炭火でお肉をさっと炙って、ゴマ・ポン酢・甘辛の3種類のタレにつけて食べます。シンプルなだけにお肉の味をしっかり味わう事が出来ます。更にシンプルにゆずコショウや塩などで食べることも出来ます。

今回私たちが頼んだのは「豚」「雉」「鹿」「羊」です。『鹿』は最近自分のなかでブームなので何度か食べていたのですが、今まではフレンチ風にソースがかかったものが多く、今回初めて鹿の肉の味を堪能できた気がします。とても甘みがあって美味しかった。キジもプリプリしていて美味しかったです。鴨も食べておけばよかったと少々後悔。。。
matagi1
(霧島豚。このお店のスタンダードメニュー。あっさり美味です。)

matagi2
(鹿ロースです。脂が甘くて美味しい。)

お肉はかなり種類があるので大人数で行って食べ比べても良いです。わからないことがあればお店の人に聞けば大丈夫。。。オススメでない(?)お肉も親切に教えてくれます。。。。(笑)敢えてそう言うクセの強いお肉に挑戦するのも面白いと思います。

ちなみに、お店は匂いが付かないようにコートをガラスのクローゼットに入れてくれるなどのサービスもあってデートにも使えますよ。


ぐるなび マタギが街に降りてきたのページ
↑地図、営業時間等はこちら

美味しいブログがたくさんです。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

|

January 13, 2006

【レシピ】 キムチチョンゴル (韓国料理)

あけましておめでとうございます。

とっ~ても久しぶりの更新です。先日、通っている料理教室で新年会をしまして。。。何品か料理を作ったんですが、その中で美味しかった韓国料理のキムチチョンゴルを紹介します。。。キムチチョンゴルって、平たく言えば『キムチ鍋』。本場韓国のキムチ鍋です。

nabe(こんな風に並べます)

(材料 6人前)
豚肉(薄切り) 250g
白菜キムチ   500g
豆腐      1丁
かぼちゃ    150g
長ネギ     1本
キノコ類(適当に) 1パック
キムチ汁    カップ1
だし(煮干)  カップ3

調味料A [豚肉下味]
醤油      大さじ1/2
ごま油     大さじ1/2
すりごま    小さじ2
こしょう    少量
生姜汁     小さじ1

調味料B [キムチ下味]
ごま油     大さじ1
すりごま    小さじ1

1. 豚肉を一口大に切り、調味料Aを混ぜる。白菜キムチは葉の間の具を落として汁を絞り3cmくらいに切って、調味料Bを混ぜる。(汁と具は捨てないように。。。)
2. 豆腐8cm角、厚さ2cmに切り、水分をキッチンペーパーで取り、ごま油で両面を焼く。
3. かぼちゃは厚さ5mmくらいの一口大に切る。(電子レンジで加熱してからやると良い。)葱は1cm幅の斜め切りにする。
4. だし汁とキムチの汁(漉すと良い)をあわせて煮汁にする。
5. 具を放射状にならべて煮汁を入れて、コンロにかける。(長ネギは煮立った後に入れてあまり煮すぎないほうが良い。。。)

ポイント
・豚肉の下味がポイントです。肉団子の様な味がしてとても美味しかったです。
・豆腐の両面を焼くのもポイント!ごま油で香ばしく焼きます。
・かぼちゃがあいます!(コレばかり狙って食べていた人もいました。。。(笑))
・韓国のモチ(トック)なんかを入れても良いみたいです。

おまけ
・このメニューは韓国のお客様様の料理だそうです。土鍋にキレイに並べて、お客様にいったん見せてから火にかけて食べるそうです。(写真参照。。)


料理教室の新年会だけあって料理はどれも美味しかったです。このほかには生春巻き、チヂミを作りました。。ちなみに私の担当はチヂミ。。。なんと失敗。。。(焦がしました。。。(涙))みなさんゴメンナサイ。。。

美味しいブログがたくさんです。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

October 30, 2005

【ジンギスカン】 成吉思汗料理 玄 (中野区中野)

今日は最近行ったジンギスカンのお店。

中野の駅の近く 成吉思汗料理 『玄』です。中野をフラフラしていて偶然見つけたお店。。。外から見てもなんだか良い感じだったのでとりあえず中へ。。。

このお店ではまずセットメニューを注文します。セットメニューとはお肉と野菜のセットです。セットメニューでも足りない場合はお肉や野菜を追加注文するというスタイルのようです。我々が選んだのは一番スタンダードな『生ラムセット(800円)』と『特上フィレロースセット(1050円)』です。注文すると炭が入った七輪とお肉そしてタップリのもやしとタマネギ、長ネギが運ばれてきます。セットの野菜もタップリの量です。

gen1
セットの野菜。タップリです。ピンボケです。

gen2
お肉はこんな感じです。写真は手前がフィレ。下にロースと生ラムセットのお肉が隠れています。

普通の生ラム肉も十分美味しいです。臭みもなく、羊肉の独特の風味を味わう事ができて満足でした、安いのでモリモリ食べれますよ。。。更に特上ロースは柔らかくてジューシーです。。+200円くらいなのでゼヒ特上ロースもあわせて食べて見ると良いかと思います。我々は、更に追加で『サイコロ(600円)』『キノコ盛り合わせ(650円)』『ライス×2』を注文。。。アルコールも2杯ずつ頼んで、4500円程度でお腹一杯になりました!!非常にリーズナブルだと思いました。

ちなみにこのお店はラムチョップがオススメらしい。今回はお腹が一杯になってしまったために食べれませんでした。次回は挑戦したいです。

ぐるなび ジンギスカン 『玄』のページ
↑詳しい場所等はこちらへ。

美味しいブログがたくさんです。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

| | Comments (4) | TrackBack (2)

September 24, 2005

【トンカツ】 キムカツ (中央区銀座)

今日はどこぞのアイドルのような名前のトンカツのお店。「キムカツ」です。
本店は恵比寿にあり行列の出来るお店です。パルテノペの近くにあってパルテノペ行く時に『なんだあの行列は!』と思っていました。たまたま銀座を歩いていて支店を発見したので、今回は銀座店に行って見ました。

キムカツのトンカツの特徴は、豚肉を超薄切りにしてそれを何枚(なんと25枚以上)も重ねて、パン粉をつけて焼いています。このためとても柔らかい食感を味わえるのだそう。。。トンカツは「プレーン」「黒コショウ」「ガーリック」「チーズ」「ねぎ」「梅しそ」の6種類の味から選ぶことが出来ます。1480円。ご飯セットが450円なのでセットにすると1930円。ちょっと高めかな。。。

kimukatu(3種盛り。お得です。)

我々は2人で行ったので、『キムカツお好み盛り合わせ』を頼みました。3種類を選べて3980円なので、ひとりずつで注文するよりもお得です。今回は「プレーン」「ガーリック」「梅しそ」にしました。(他に4種盛り合わせ5400円、5種盛り合わせ6800円があります。人数に合わせて選べます。)

食べてみると皮はサクサクで、中はミルフィーユ状になっているお肉から肉汁があふれてきてとても美味しいです。ミルフィーユ状になっているためか、とにかく柔らかい食感。肉汁タップリですが決してしつこくなく、プレーンはかえってあっさりしすぎな感じでした。ガッツリしたトンカツを期待していくとちょっと物足りないかもしれません。(このあっさり感が女性に人気の秘密なのかもしれません。)私が特に美味しいと感じたのは『ガーリック』。。。とても美味しかったです。チーズとかも食べてみたいなあと思いました。

3種盛りはオトク、また誰かを誘って行って見たいお店でした。

とても美味しかった『キムカツ』ですが、残念な点が1点。お昼に『キムカツ』で食事をして、夕飯まで銀座にいたのですが、途中でお店に傘を忘れたことに気づき電話したところ『忙しくて今は調べられない、後で電話してくれ』との事でした。もし傘があればお店に戻ったのだけど、その日はあきらめて帰宅しました。(直接お店に押しかければ探してもらえたかも。。。)お店が繁盛して忙しいのはわかるけど、遠出して銀座に来ている人もいるのだろうからその場で対応して欲しかったです。

キムカツホームページ
詳しい場所・支店情報などはこちらから。

美味しいブログがたくさんです。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

| | Comments (11) | TrackBack (1)

September 04, 2005

【イタリアン】 デルソル (中野区中野)

今日は先日行った安くて美味しいイタリアンの「南欧食堂デルソル」です。

友達に「美味しいから」と勧められて行って来ました。とても小さいお店なので予約した方が良いとの事だったので、予約して来店。土曜7時に来店したのですが、すでにホボ満席。やはり予約しておいて良かった。。。小さいお店の中で沢山のお客さんがワイワイ飲んでいて、まさに南欧食堂と言う感じです。

注文はアラカルトで、前菜、サラダ、魚料理、ピザ、パスタ、リゾットとイロイロあってしかもそれぞれ、1000円前後ととてもリーズナブルです。 

我々が頼んだのは、前菜2品、魚料理(アクアパッツア)、サラダ、ピザ、リゾット。特に良かったのがアクアパッツアです。『お魚1匹まるごと調理』と言うメニューで、その日に仕入れた魚を「アクアパッツア」や「香草焼き」といった調理法で丸ごと調理してくれるというもの。

aqua

今回は「イシダイをアクアパッツア(水煮)」にしていただきました。注文すると「このお魚を料理します」と店員さんが見せてくれます。こんな演出も少々嬉しい。で、少々待つとお皿にドカンと一匹出てきました~!!たっぷりの野菜の下に、身がプリプリの魚が隠れています。魚と野菜から出たジュースがとても美味しくて、コレを魚にかけながら夢中で食べました。シンプルな調理法なので、魚の味が堪能できます。とにかく美味しかった。

テーブルには箸が置いてあり、私はカッコ悪いと思いつつも箸使って端から端まできれいに食べました。イタリア人はナイフとフォークで食べるのかな?ちょっと真似できません。


お腹一杯食べて、さらにお酒もハウスワインやカクテルをふたりで3杯ずつくらい飲んで8000円程度。非常にリーズナブルです。

ちなみにネットによれば「ペスカトーレ(魚介のパスタ)」がオススメらしい。美味しいに違いない!また行ってみたいお店です。それから、『席と席が近いのでデートには不向き!』という評価がされているようですが、美味しいものはやっぱり好きな人と食べたいですよね。私なら絶対デートで使います!!


ぐるなび 『南欧食堂 デルソル』
お店の場所等はこちらで。。。

他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
現在25位。。。いよいよ食欲の秋!ガンガン頑張ります!

グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 17, 2005

【レシピ】 ポテトアリオリ (スペイン料理)

こんばんは。スペイン料理シリーズの第3回。最終回です。
今回はポテトアリオリ。。。今回は簡単です。(特殊な道具も要らないし!)

アリオリソースとは、にんにく・オリーブオイル・卵黄・レモン等で作るソースです。マヨネーズの元祖だそう。今回はマヨネーズを使った簡単レシピをご紹介。。。

(材料:6人前)
じゃがいも(男爵) 中6個
にんにく       2かけ
パセリ        少々
塩、マヨネーズ   適量

ariori

1.皮をむいたジャガイモを少し固めにゆでる。(水からゆでる。塩を入れてください。)
2.すり鉢でパセリをする。
3.パセリからジュースが出てきたら、マヨネーズ、にんにくすりおろしを入れる。よく混ぜて、塩で味を調える。
4.茹で上がったじゃがいもに塩を振り。2.にあえて、ようじをさす。

ポイント
ネットでレシピを調べるとパセリはみじん切りのものが多いですね。先生によればパセリは『すりおろして汁が出たほうが美味しい。』のだそうです。

おまけ
写真では山盛りにしていますが、先生はようじにさして平皿に並べていました。お酒のおつまみを何種類も小皿盛り付けて、つまみながら飲むのがスペイン式だそうで、それをタパス(=おつまみ)と言うそうです。
先生も『この料理は大変ビールとあいます。』とおっしゃっていました。

以上で、スペイン料理シリーズの終了です。また次回はお店紹介をします~。

他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
現在31位。。。頑張り中。

グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

|

August 08, 2005

【レシピ】 ガスパッチョ (スペイン料理)

こんばんは。スペイン料理のシリーズの第2回目。今回はガスパチョです。ガスパチョとはトマトをベースにした冷たい野菜スープ。トマトタップリなので栄養満点です。

ガスパチョのトマト

教室には等級ALLのトマトがどっさり大きくて甘そうなトマトです。(このトマトだと5個でも多すぎでした。)


(材料6人前)
トマト         中6個(くらいかな~)
きゅうり        1本
グリーンピーマン    1個
たまねぎ        1/2個
にんにく        1~2かけら
オリーブオイル     大さじ2
塩           少々
赤ワインビネガー    大さじ1
サンドイッチ用食パン  1枚
氷           適宜

1.ボールにパンを入れて160ccの水を入れる。
2.きゅうりは皮をむく。(赤い色を出すため)
3.きゅうりを含めたすべての野菜をテキトウにカットしてボールに入れて、塩ひとつまみ、オリーブオイル大さじ1を加える。(少々時間を置くのが良いと思います。)
4.カットした野菜、水に浸したパンをミキサーへ。
5.こす。
6.オリーブオイル、赤ワインビネガー、塩で味を調える。
7.氷を入れて冷やす。
8.食べる時に再度味を調整する。(氷が解けているので。。。)

ポイント
・にんにくを効かせるのがポイント。。。日本人はにんにく臭を嫌うが、先生曰く、『大いに効かせて欲しい』との事。。。
・赤ワインビネガーがない場合は、バルサミコ酢、それがない場合。。。リンゴ酢でも良いそうです。ちなみに、それもない場合(笑)は、酢を使いましょう。。。
・野菜を小さくサイコロ状にカットして浮き実にしても良いそうです。
・一番のポイントは5.の『こす』こすのとこさないのでは味が全然違うそうです。


ムーランを使って『こす』と良いでしょう。。。


と、肝心の完成写真を撮るのを忘れました。。。(汗)

とても美味しい!道具があればとても簡単だし。。。ムーランがなくてもコシキでこしましょう。にんにくと塩味をピリリと効かせるのがポイントですね。夏場もゴクゴクいけます。ただし。。。今回は作りすぎました。。。(汗)


((追記))
「なに食べた??」のkazさんが実際に作られたそうです。写真もバッチリとられております。リンクもしていただいてありがとうございます~。

他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
現在36位。。。少々下降。。。夏バテ中。。。

グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

|

August 01, 2005

【レシピ】 パエリア (スペイン料理)

こんにちは。久々の「こんなの作ってます。」コーナー。。。先日、会社の先輩の紹介で「世界の家庭料理講習会」なるものに参加してきました。毎回さまざまな国の料理をとりあげ、料理を学びながらその国についても知る事が出来るという講習会です。

今回のテーマは「スペイン」。。メニューは。。。
・パエリア
・ガスパッチョ
・ポテトアリオリ
でした。

どれも美味しかったので、3回に分けて紹介してみようと思ってます。今回はその第一回目「パエリア」です。

パエリア
(こんな感じです。ホント美味しかった!!)

さて、パエリアを作る時に必要なのがパエリア鍋。。。しかし、パエリア鍋は平たくて大きいので、中央にしか火がない家庭のコンロではうまく使う事が出来ません。そこで、6人分くらいを作るためにと「圧力釜」を使ったレシピを今回は紹介していただきました。

(材料:6人分)
とりもも肉 小2枚
ベーコン(ブロック)90g(豚バラ肉、ソーセージでも可)
ムール貝 6個(?) (アサリでも可)
エビ 大(有頭ブラックタイガー) 6尾
    小(赤いエビ)  1パック  ※今回は2種類のエビを使っていました。
ぶなしめじ     1パック
にんにく      2かけ(1かけはスライス、1かけはすりおろします。)
たまねぎ      小1/2個
トマト缶       1/2缶
グリーンピーマン  大1
赤ピーマン     大1
無洗米       3カップ
パセリ        少量
レモン        1個

調味料
塩、コショウ
サフラン
パプリカ      小1
チキンブイヨン
オリーブオイル   50cc

(作り方)
1. 材料の下ごしらえ。
タマネギ・・・粗みじん 
にんにく・・・厚めのスライス
ピーマン・・・人差し指の太さくらいの千切り
ムール貝・・・外側の海草などのゴミを擦ったり、キッチンバサミを使うなどして取る。
エビ  ・・・頭をとる。(ちなみにスペインの家庭では背ワタはとらないそうです。)
ベーコン・・・断面1cmくらいの角切り
鶏肉  ・・・大き目にカットして、塩コショウをふる。人数分に切るのが良い。

2. スープを取る。
別鍋に4カップ程度の水の中にエビの頭、ムール貝を入れ火にかける。沸騰したら弱火にし、途中アクが出るのでとる。5分したら火を止めて自然に冷まし、ザルでこす。

3. オリーブオイル50ccをいれ弱火で鶏肉をキツネ色になるまで炒める。
※ベーコンの代わりに豚バラを使う場合はここで入れます。

4. スライスしたにんにく、タマネギ、ピーマンの順に入れてさらにじっくり炒める。

5. ベーコン、トマト缶、キノコ、エビ、ムール貝を加え、さらにすりおろしたにんにくを加える。

6. ブイヨン、パプリカを入れてお米を加えて炒める。更にサフランを入れて炒め、米と同量のスープを入れる。

7. 最後に塩で味を調えて、鍋にフタをし圧力をかける。はじめは強火、沸騰したら弱火にする。(塩味は濃い目にする。お米には味が付いていないため、出来上がりは薄めになります。)

8. 5分経ったら火を消し、自然に圧が下がるのを待つ。(焦って開けないコト!)

9. 盛り付けてレモンを絞る。

パエリア(盛り付け)
(圧力鍋を使うとこーんな感じです。すごい!)

ポイント
・3.4.の炒めはかなり時間をかけていました。じっくり炒めて食材の味を引き出すのがポイントです。
・圧力鍋はとにかく時間を守って使う事が成功の秘訣。火を止めたアトは蒸らしの時間になるので火を止めてもすぐに開けないコト。
・パプリカは辛くない唐辛子(赤いピーマン)の粉末です。先生は『スペイン産のものを選んで』欲しいとおっしゃっていました。スペイン産でないと辛いものがあったりするそうです。(例えばパプリカの産地のハンガリーはイロイロな種類のパプリカがあり、辛いものもあるそうです。)逆に言えば、辛くなければスペイン産以外でも大丈夫。。。(味見できないでしょうけども。。。)
・『サフランはお水で色を出して。。。』と、普通のレシピには書いてありますが、先生によれば粉末を入れてしまえば問題なし。粉になっていなくても、砕いて入れてしまって良いそうです。
・完成したら混ぜてはいけません。先生に怒られました。。『混ぜご飯ぢゃナイよ~』とのコト。でも、味は○でした。

ひとこと、ふたこと
・圧力鍋、実は初めて使ったんですが、全然簡単でした。手軽にホント美味しいパエリアが食べられます。ポイントにも書いたんですが、とにかく時間を守る!これが成功のヒケツです。(って、一回上手く行っただけですが。。。)
・エビは圧力鍋に入れて一緒に加熱してしまったので、少し硬くなりやすいかも。私が以前ホットプレート作った時は初めの炒めが終了したらエビは取り出して、蒸らしの時に再投入しました。今回は圧力鍋なので再投入と言ってもタイミングが難しいですね。圧が下がった後投入して5分くらい余計に蒸らせばよいかな??実験してみてください。

((追記))
料理教室に一緒に参加したサヨさんのブログ「元気よく歩こっ♪」で紹介して頂きました。撮り忘れた「ガスパッチョ」の写真もあります。。。


他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
ちなみに、現在29位。。。『ゆつくり』上昇中。。。

グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

| | Comments (44) | TrackBack (0)

July 21, 2005

【焼肉】 太樹苑(世田谷区太子堂)

お久しぶりです。今日は先日行った三軒茶屋の焼肉屋さんの話です。

三軒茶屋に住んでいる友達の家に行っていたんですが、夕食を食べるのに「どこへ行こう?」と言う話になって、以前テレビで紹介されていた『太樹苑』に行って見ました。昨今のアメリカ牛肉輸入禁止によってアメリカ産の牛肉を使っていた焼肉屋は著しく味が落ちてます。『太樹苑』はリーズナブルに和牛を食べることが出来るお店です。

さて、お店に行くと、予想通り満席。。。でも、店員さんによれば「もう片付けるだけなのですぐ入れます」とのコト。。。しか~し!。。。20分も待たされた!やっぱりマスコミに出ている店はサービスが悪いのか!?

厚切りカルビ(厚切りカルビを焼くの図。。。イマイチな写真でスイマセン。)

と、ちょっとイライラしつつ、まず頼んだのは、ユッケ。。。行った日はサービスデーで半額の367円!大きめにカットされたものが来て、あまりに安いので恐る恐る食べたのだけど、とても美味しい。まったりと甘みがありました!
次に頼んだのは、和牛厚切りカルビ。名前の通り厚切りのカルビです。。。4枚で997円!ハサミが一緒に来るのでチョキチョキ切りながら食べます。ちゃんと霜降りしていて美味しい!一緒に出てくるゴマダレがまた良くて、タレもお代わりしつつ食べました。
ここまで来るともう止まらなくて、ガンガン注文して大満足でした。

ところで、メニューにサムギョプサルがあったので頼んでみました。サムギョプサルは韓国料理です。鉄板で焼いたブタバラ肉をサンチュ、エゴマの葉、青唐辛子、にんにくと一緒に挟んでコチュジャンもつけて食べる料理。。。ただ『大樹苑』はエゴマの葉、青唐辛子が無かった。。。これにはちょっとガッカリ!やっぱりサムギョプサルは韓国料理専門店で食べなければですな。。。

と、ちょっとケチつけてみたんですが、『太樹苑』は、半額サービスメニューがあったり、ゴマダレ以外にもイロイロ食べ方が工夫されたメニューがあったりと、面白い店でした。なにより肉が安くて美味しかったです。
ちなみにお値段は、二人でガンガン食べて、お酒もちょっといただいて、一人5000円くらいでした。和牛のメニューもそんなに高くはなくて、しかも半額メニューなどもあるので、バランスよく食べるとそんなに高くなりません。

また行ってみたい店でした。


太樹苑のホームページです。


他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
ちなみに、現在31位。。。20位以内を目指して更新中。

グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ


|

より以前の記事一覧