« 【カレー】 グルガオン (中央区銀座) | Main | 【スープカレー】 心 (渋谷区桜丘町) »

May 23, 2005

【雑誌】 料理王国(2005年6月号)

こんばんは。今月の「料理王国」の特集は「乗り遅れるな、これがフレンチ最新形!コンテンポラリー・フレンチ」時代が求めるフレンチの形についての特集です。

RO200506

コンテンポラリーとは、「同時代の」「現代の」とか言う意味があります。と言っても基準は漠然としていますよね。今回は7つのキーワード
1.ライト化、2.食材の異国間交流、3.調理法の異国間交流、4.自然志向、5.再構築・新解釈、6.新しいサービススタイル、7.テクニックからテクノロジーへ
という観点で、フランス料理のありようを解説しています。お店紹介および、そのお店のレシピ・調理法の解説です。(難しい。。。。)

最近フレンチがどんどん軽くなっている。バターの使用を最小限にしたり、野菜をふんだんに使ったりというフレンチが多いですよね。私もそういうものを好んで選んだりします。(もちろん時にはこってりとしたフレンチも食べたいですが。。。)

今回も知らないお店が沢山出ていました。。。。。。と、ちょっと思ったんですけど、今月の料理王国にはお店の価格についての情報がなかったんです。最近レシピが多くて、より料理人向けに方向性が変わってきた感じです。食べ歩きガイドとして使っていたんですが。。。やっぱり「価格」の情報がないとどんなお店か想像できないです。怖くて行けない。。。(涙)価格も載せてください!!>料理王国社さ~ん

と、もっといろいろ書きたいですが。。。今日はココまで!

|

« 【カレー】 グルガオン (中央区銀座) | Main | 【スープカレー】 心 (渋谷区桜丘町) »