« March 2005 | Main | May 2005 »

April 29, 2005

【レシピ】 ビビンパ (韓国料理)

結構よく作るビビンバ。ユッケをのせたユッケビビンバが好きなのですが、ナマの牛肉を扱うのはちょっと難しいのでマグロユッケで代用しています。電子レンジを使ってナムルを作ると手軽です。

bibinba(撮影用に4色に分けました。)

(材料 2人前)
・マグロユッケ
  まぐろ 150g 
 (a)醤油   大さじ2
   みりん  大さじ2
   ごま油  大さじ2
   すりゴマ 小さじ1
   にんにく ひとかけ
・ナムル
  ほうれん草 1/2束
  もやし   1/2袋
  にんじん  1/2本
  ゼンマイ  1/2袋
  (b)醤油    大さじ2
   ごま油   大さじ2
   すりゴマ  大さじ2
   粉唐辛子  大さじ1
   にんにく  ひとかけ
ごはん    2杯分
コチュジャン 適量

1.マグロユッケを作る。
 (1)マグロは薄切りにしてさらに一口大に切る。
 (2)(a)を良く混ぜ、マグロを漬け込む。15分以上は漬ける。

2.ナムルを作る。
 タレの材料(b)を良く混ぜておく。
 ・ほうれん草 ゆでて、よく水気を絞り、3センチくらいの長さに切りタレを混ぜる。
 ・もやし   ゆでて、よく水気を絞り、タレを混ぜる。
 ・にんじん  千切りにして、ゆでた後、タレを混ぜる。
 ・ゼンマイ  ごま油で炒める。醤油と酒で味をつけ、いりゴマ、唐辛子を適量振る。
※もやし・にんじん・ほうれん草はゆでレンジ用野菜調理器を使うと便利。下のポイントをご覧下さい。

3.どんぶりにご飯をよそって、ナムルを敷詰め。上にマグロユッケをのせる。食べるときに良く混ぜる。好みでコチュジャンも入れて混ぜて食べると良い。

ポイント

ゆで野菜調理器(ゆで野菜調理器を使用)

・レシピでは野菜を茹でるように書いてありますが、私は電子レンジ用ゆで野菜調理器を使用しました。コノ場合はすべての野菜を切った後に調理器に入れて電子レンジで加熱すればOK!水切りの必要もないので大変便利です。
レンジ後そのままタレを混ぜます。今回は撮影用にキレイに分けていますが、いつもはいっぺんに混ぜてしまいます。
・粉唐辛子は韓国産のものを使いましょう。辛さが弱くて味があります。
・温泉タマゴをのせたりすると更によいですね。
・ちなみ二人分のレシピだと、野菜が大量に余ります。(1/2量が多い)私の場合は野菜は残らず使って多めにナムルを作って、残ったナムルは翌日食べたりしています。
 

((追記))
わかなのダッチオーブン料理天国365日レシピさんでは、ダッチオーブンを使った鉄鍋ビビンバが紹介されていました。写真が沢山あって楽しいブログです。(なんとかブログ大賞も受賞したらしい!)鉄鍋ビビンバはスゴイ美味しそうです。やっぱりビビンバはオコゲがあるとワンランクアップしますね。
って、このレシピ見て自分のレシピにキムチがないことを発見!いつもは入れるのに~。写真撮影に気をとられていて全く忘れていた。うーん。困った。みなさんは、キムチ入れてくださいね。

|

April 23, 2005

【イタリアン】 ヒロ・プリモ (東京駅八重洲口)

先日、東京駅に行ったときに入ったお店。大丸で買い物をする予定があって、東京駅に行きました。軽く食事したかったので、「キッチンストリート」の中の「ヒロ・プリモ」に行く事にしました。「キッチンストリート」は、最近東京駅八重洲口にできた飲食フロア(1F) です。その下(B1F)には「黒塀横丁」というフロアがあり、両方あわせると30程度のお店が入っています。

「ヒロ・プリモ」はリストランテヒロのコース料理でしか食べられなかったパスタを手ごろな価格で食べることができるお店です。パスタにフォカッチャ(イタリアのパン)が付いたセットで1000円前後です。(ちなみに手長エビのパスタは2100円)

パスタの注文が入るとまずセットのフォカッチャ(イタリアのパン)とオリーブオイルが運ばれてきました。フォカッチャはオリーブオイルをつけて食べます。これが美味しい。パスタが来る前にどんどん食べてしまいました。
我々はトマトソースのパスタとカルボナーラを頼みました。トマトソースはパンチェッタが入ったソース、ちょっとピリリと唐辛子が利いていて美味しかったです。カルボナーラは生ハムとトリュフが入ったもの。トリュフの風味はイマイチわかりませんでしたが、クリーミーで美味しい!生ハムのカルボナーラは初めての組み合わせでしたが、たっぷり入った生ハムがこれまた良かったです。。どちらのパスタもゆで加減バッチリでした。

hiro2 (トマトソースのパスタ。チーズは「かけるか?」「かけないか?」店員さんが確認してくれました。)

hiro1 (生ハムいっぱいのカルボナーラ)

このお店はパスタメインのお店ですが、前菜とかも置いてあります。(高知産トマトのカッペリーニとかも頼むことができます。3800円のコースもあるらしい。。。)

ただ、このお店は駅の中(切符は必要ないです)だけあって、電車の待ち時間でサクっとパスタだけを食べて出て行くという使い方が良いと思います。(隣の席との間隔も近いし、BGMも大きめで、ゆつくりできる雰囲気ではありません。)しかし、パスタの味は十分満足できるものでした。電車の待ち時間で食事をしたいけど、駅蕎麦やカレーではちょっと。。。と言う気分の時に最適だと思います。

他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 14, 2005

【雑誌】 料理王国(2005年5月号)

こんにちは。今月の「料理王国」の特集は「イタリアン最新レシピ 注目の若手シェフ一挙紹介」でした。まだ知名度は低いけど注目すべきイタリアンの若手シェフのレシピとお店を公開しています。今回は相当な数のイタリアンのレシピが載っていて驚きました。メインのレシピはともかくパスタのレシピは素人にとっても十分に役立つもだと思います。(もちろんメインをおうちでコピーするツワモノもいらっしゃると思いますが。。。)

ro200505


・前々から興味津々だった「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」の紹介。
「スペイン経由で帰国したシェフたち」というコーナーで「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」の黒羽徹シェフが紹介されていました。「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」は「アクアパッツァ」の日高良実シェフが三島に作ったレストラン。黒羽シェフは「エル・ブジ」で修行した経歴を持っていて「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」のメニューも「エル・ブジ」スタイル(タパス形式)を取り入れているそうです。(メニューはあくまでイタリアンとの事)

以前、三島の新鮮な材料で調理されるイタリアンのお店としてテレビで紹介されいて、非常に興味津々でした。(おいそれといける場所ではないのですが。。。)今月号には9000円のコースとして20皿近くのメニューが写真入りで紹介されています。(レシピもいくつか紹介されていました。)

来月号は「フレンチ最新レシピ コンテンポラリー・フレンチ」もちろん買います!!

「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」のホームページ

料理王国@amazon
>クリックした時点での最新号が表示されます。(購入される場合はご注意ください。)


料理王国の定期購読。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 11, 2005

【フレンチ】 シプレ (麻布十番)

今日は久々フレンチ、麻布十番「シプレ」です。
ちょいと前に行ったお店です。友達3人とフレンチを食べようと言う事になり、出席メンバー全員が恐らく行った事はないだろうということでいつも行かない麻布十番、かつ比較的新しいお店を選んだ。。。(2003年オープン)

前調査によれば、シプレはコテコテのフレンチというよりは、フランス料理以外の手法もとりいえれたフュージョン的レストランとの事。こういうお店は大きく外す場合があるので多少不安を感じつつ向かいました。(シェフはカルフォルニア・キュイジーヌやイタリア料理、スペイン料理等の経験がある方だそう。。。)

流石に2003年オープンだけあって店内はとてもきれいでした。コースは5197円、7854円、11500円の3種類。我々は7854円のコースを選択。料理は以下の通り。。

・アミューズグール
  蒸した鶏肉にソースがかかったものでした。

・春ニシンのマリネと春野菜の一皿桜の花のブールブランソース
  新鮮なニシンのマリネに、沢山の春野菜があわせてあります。野菜はいろんな種類が少しずつ。「甘かったり」「苦かったり」時に「スパイシー」といろんな味がやってきて美味しかった。

・ハマグリのブルーテ カプチーノ仕立て仏産ホワイトアスパラガスとフォアグラのポアレを添えて

・福井県敦賀港より入荷の本日の鮮魚料理
  この日のお魚はタイ。皮はカリっと、身はジューシーでとても美味しかったです。

・65℃で火を入れた仏産鴨胸肉のロースト 甘酸っぱい白葡萄のソース

・オレンジ風味のシャンパンとホワイトチョコレートのムース、フランボワーズのソルベ添え

kamo
写真はメインの鴨。ベリーとかの甘酸っぱい果実ソースがかかっております。メインは他に羊と牛が選べました。

当初心配していたアレっと首をひねる様な食材の組み合わせとかはなったです。どのメニューも繊細な味でとても美味しかったです。ただメインの鴨にくはもうちょっとガッツっと食べたかったかな。。。お店はとてもおしゃれでデートに最適。となりの席の人は5197円のコースでしたが、十分美味しそうでした。


他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

|

April 04, 2005

【レシピ】 坦々麺 (中華)

少し前に、杜記の刀削坦々麺を紹介したんですが、そのときの坦々麺はごまの風味控えめのすっぱい味付けでした。そして、激辛。モチモチした麺の食感は最高だったんですが、私としてはもっと「ごま風味」が効いたやつが食べたい!と言う事で、レシピを調査。作ってみることにしました。

tantan

材料(2人前)

ごま     大さじ2
ねりごま  大さじ2
ラー油   小さじ1
豚ひき肉  150g
しょうが  ひとかけ
にんにく  ひとかけ
長ネギ   1/3本
ザーサイ  30g
豆板醤   小さじ2
味噌    小さじ2
砂糖    小さじ1
醤油    大さじ2
鶏がらスープ(粉末) 一袋
ラーメン  2玉
青梗菜   2束

1. ゴマをよくフライパンで炒って、すり鉢でする。ゴマが十分にすれたら、ラー油とねりごまを加えてよく混ぜる。(ゴマペースト)
2. フライパンに油を引き、豆板醤を炒める。(弱火)
3. 豆板醤から香りが出てきたら、みじん切りにしたしょうが、にんにく、長ネギを加えてさらに炒める。(弱火)
4. 薬味の香りが出てきたら、ひき肉、ザーサイ(みじん切り)を入れて炒める。ひき肉がボロボロになるまでよく炒める。
5. さらに醤油、味噌、鶏がらスープ(粉末)、水1リットルを入れて煮込む。(10分くらい)
6. ラーメンをゆでる。
7. 1と5のスープをどんぶりで合わせる。ゴマペーストをスープで溶かしたら、ラーメンを入れて上に、5の肉味噌とゆでた青梗菜(チンゲンサイ)を盛り付ける。

ポイント
・ 家庭では凝ったスープを取ることができないので、肉味噌を作るときにスープも一緒に作ってしまいます。
・ ゴマペーストとスープを合わせるときは、ダマにならないように、スープを少しずつ加えてよくゴマペーストを溶かします。
・ このレシピにはお酢を入れてません。食べるときに適量加えました。調べたレシピの中には、7で酢(黒酢)を入れるものが多かったです。
・ ごまとねりごま、どっちかでも良いと思いますが、両方あったほうが美味しいと思います。
・ 今回は青梗菜でなく、ほうれん草を使いました。
・ 甜麺醤。試せればよかったんですが、今回は「味噌+砂糖」で代用。

このレシピはかなりゴマが強いです。私はダイスキな味。みなさんも好みでイロイロ試してくださいね。

おまけ
今回はいろいろ立ち読みしたりしてレシピを調査。例のごとく「デリシャス2001年9月号のピリ辛麺特集」も大活躍。デリシャスにはかなり詳しく特集してあって、新橋の「趙陽」や鉄人陳さんのレシピの紹介、そして成都(坦々麺の本場らしい)にまで行っちゃってます。本場の坦々麺は汁がないらしい。WADA-blogさんでは、汁なし坦々麺のレシピがあります。また「趙陽」の詳しいレポートもあります。(写真がキレイです。)ちなみに、やっぱり中華調味料は「有紀」だと思います。


他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ


| | Comments (165) | TrackBack (3)

« March 2005 | Main | May 2005 »