« 【フレンチ】 シプレ (麻布十番) | Main | 【イタリアン】 ヒロ・プリモ (東京駅八重洲口) »

April 14, 2005

【雑誌】 料理王国(2005年5月号)

こんにちは。今月の「料理王国」の特集は「イタリアン最新レシピ 注目の若手シェフ一挙紹介」でした。まだ知名度は低いけど注目すべきイタリアンの若手シェフのレシピとお店を公開しています。今回は相当な数のイタリアンのレシピが載っていて驚きました。メインのレシピはともかくパスタのレシピは素人にとっても十分に役立つもだと思います。(もちろんメインをおうちでコピーするツワモノもいらっしゃると思いますが。。。)

ro200505


・前々から興味津々だった「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」の紹介。
「スペイン経由で帰国したシェフたち」というコーナーで「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」の黒羽徹シェフが紹介されていました。「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」は「アクアパッツァ」の日高良実シェフが三島に作ったレストラン。黒羽シェフは「エル・ブジ」で修行した経歴を持っていて「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」のメニューも「エル・ブジ」スタイル(タパス形式)を取り入れているそうです。(メニューはあくまでイタリアンとの事)

以前、三島の新鮮な材料で調理されるイタリアンのお店としてテレビで紹介されいて、非常に興味津々でした。(おいそれといける場所ではないのですが。。。)今月号には9000円のコースとして20皿近くのメニューが写真入りで紹介されています。(レシピもいくつか紹介されていました。)

来月号は「フレンチ最新レシピ コンテンポラリー・フレンチ」もちろん買います!!

「ヴィラ・ディ・マンジャ・ペッシェ」のホームページ

料理王国@amazon
>クリックした時点での最新号が表示されます。(購入される場合はご注意ください。)


料理王国の定期購読。

|

« 【フレンチ】 シプレ (麻布十番) | Main | 【イタリアン】 ヒロ・プリモ (東京駅八重洲口) »

Comments

Your style is very unique in comparison to other folks I've read stuff from. Many thanks for posting when you have the opportunity, Guess I will just bookmark this web site.

Posted by: compte de minecraft gratuit | January 12, 2014 at 10:23 PM

Don't be blown awaу ωhy this is really a very well-liked term; еverydaу, a large number of people rеаlize that they аre overweight and that they need to lose a couplе of pounds or much more to be able to get bаck into shape. The advice is watch what you eat; healthful healthу and nutritious foods, light on fat or oils, rich in fiber is what helps with the fat loss elemеnt plan. You shoulԁ concentrate on eating just natural and oгganic produce to minimizе the quantitу of chemicals you may ingest.

Posted by: tao of badass pdf | January 16, 2014 at 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49021/3703047

Listed below are links to weblogs that reference 【雑誌】 料理王国(2005年5月号):

« 【フレンチ】 シプレ (麻布十番) | Main | 【イタリアン】 ヒロ・プリモ (東京駅八重洲口) »