« 【カレー】 ダバ インディア (中央区八重洲) | Main | 【韓国料理】 妻家房(豊島区池袋) »

February 02, 2005

中国茶をいかにして飲むか!

みなさん、おひさしぶりです。最近ひじょ~に寒いですね。ここ2,3年くらい前から中国茶を飲んでおります。ただし、期間限定、冬だけ頂きます。「清茶やジャスミン茶を氷で。。。」と、夏にも楽しむ方法もあるようですが、私はやっぱり中国茶はホットが美味しいと思っています。ゆえに、冬は中国茶の季節なのです。しかも今年は花粉が大量発生(いつもの30倍!)、花粉症に効くと言われている凍頂烏龍茶も中国茶(台湾)の一種なんです。そんなわけで(?)今日は「中国茶をいかにして飲むか!」(私が。。。)をご紹介。

・会社で飲む!
私は会社でも中国茶を飲みます。「会社でも飲みたい!」と言うときは茶漉しつきのマグカップが便利です。お茶のお店で1000円くらいで購入する事ができます。中国茶の場合は一回の茶葉で何度もお湯を注いで飲むことができるので、一回分の茶葉で一日中お茶を楽しめます。(もちろん限度はありますが。。。)茶葉を買って会社においておけば、毎日ペットのお茶を飲むより、経済的でしかも美味しいです。

・家でひとりで手軽に飲む!
家で飲むときは蓋碗(ガイワン)を使ってます。蓋碗とは茶碗蒸しの容器のような茶器です。蓋碗はフタが微妙に楕円になっています。これによって、器との隙間ができて、ここからお茶を飲んだり、注いだりすることができます。

tea2(蓋碗です。。。ちなみにお茶は碧螺春です。)

・誰かを招いて飲む!(高価な茶葉を飲む!)
誰かを招いたりしたときは、茶壺を使って工夫茶を行います。小さな急須に茶葉を入れお湯を入れてフタをし上からさらにお湯をかけているのを見た事があるでしょうか?あれです。詳しい方法はいろんなページで解説されているのでここでは省きます。工夫茶は小さな茶碗(茶杯という)で何杯も飲みます。ゆっくり話をしながら何杯ものお茶を飲む時間はゆつくりと流れ、とてもリラックスできます。また、高価な茶葉は工夫茶をして飲むのが良いと思います。味や香りをちゃんと楽しむ事ができるからです。

tea(茶壺&茶杯です。。。ちなみにお茶は肉桂です。)

(おまけ)トリセツという番組をご存知でしょうか?木曜深夜24:50より放送しているテレビ番組です。毎週あるテーマについて、そのテーマを楽しむときに「いかに立ち振る舞うべきか」について説明した番組です。この前(1/27)は中国茶の特集。いままでテーマにならなかったのが不思議な感じでした。番組に出てきた「華泰茶荘」は私もよく行きます。店主の林さんは日本語ペラペラなのに何故か中国語で解説。。。さすがトリセツ。。。雰囲気重視なのね。。。

|

« 【カレー】 ダバ インディア (中央区八重洲) | Main | 【韓国料理】 妻家房(豊島区池袋) »

Comments

5年程前に台湾に行った時に偶然ここの本店に・・・
全然別のお店に行こうとして、道を尋ねた老夫婦がオススメのお店って事で、車で連れて行かれたのがこの店でした。(あぶない!?)
後から凄く有名なお店だと知ってびっくりしました。
緑茶や凍頂など老夫婦の顔で格安で手に入れることが・・・

Posted by: kaz | February 05, 2005 at 03:21 PM

コメントありがとうゴザイマス。
なんと本店に行った事があるんですか!?本店はどんな雰囲気でしょうか?渋谷のお店は、1Fで茶葉の買い物ができて、2Fより上でお茶を頂く事ができます。台湾はおそらく日本より安そうだから、そこからさらに値引きされたら激安になっていたのでは。。。?うらやましい。

Posted by: テツ | February 06, 2005 at 04:06 PM

本店は日本の店とは段違いのしょぼい倉庫のような(失礼)店です。
まぁ歴史の年輪を感じさせるといえばわかりやすいでしょうか・・・・

でも流石店内に入ると大きなドラム缶ばりの茶缶がドドーンと並び、銘茶がワンサカです。
じっくりとお話を聞きながら品定めが出来ます。
是非行ってみてください。
大旦那は戦時中の教育のせいで片言ですが日本語が通じます。(台湾では中国との反発のせいか半反日感情が少ない方も多いので安心です。但し昔からのタイワニー系に限りますけどね)

Posted by: kaz | February 06, 2005 at 07:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49021/2775323

Listed below are links to weblogs that reference 中国茶をいかにして飲むか!:

« 【カレー】 ダバ インディア (中央区八重洲) | Main | 【韓国料理】 妻家房(豊島区池袋) »