« January 2005 | Main | March 2005 »

February 24, 2005

【讃岐うどん】 東京麺通団 (新宿)

こんにちは。讃岐うどんがブームになって久しいですが、週末ちょっと新宿で時間を潰さなければならないことがあって、一人軽く昼食したかったので「ささっと、さぬきうどんを食べよう」と思い立ち、以前から気になっていたこのお店へ。時間は土曜2時過ぎ、昼食のピークも過ぎたのにほぼ満員。流行ってるなあ。でも、回転速いし待たされる事はないだろうと思い店の中へ。。

syouyu

お店に入って列に並んで、まず麺を注文します。前の人たちはよく来る人なのか、どの人も即決。私はあんまりメニューを把握してなかったので、とりあえず「しょうゆ」を選んでてんぷらコーナーへ、てんぷらはおすすめ人気メニューの「半熟卵天」「ちくわ天」をセレクト。「春菊」が大きかったのにちょっと魅力を感じ、レモンとわかめが有料だったのにちょっと驚きつつレジへ。。。お会計は490円。激安ではないけどまあまあの値段かな。。。でも、初めてだったので列の流れの速さに負けてメニューを吟味できなかった。(小心者だし)メニューを前もって予習しておけば戸惑う事はないですね。載せておきます。。。

うどんのメニュー一覧。

水で締めたうどん。強いコシが楽しめるのとのコト。
あつかけ     290 ・・・ レジの後に自分で熱いダシをかけるかけうどん。
ひやかけ     290 ・・・ 冷たいかけうどん。めんのコシが際立つのだそう。
ざる       290 ・・・ ざるうどん。
しょうゆ      290 ・・・ 醤油と大根おろしがかかったうどん。
めんたいしょうゆ 290 ・・・ 大根おろしの代わりに明太子のしょうゆ。
ひやたま     340 ・・・ 冷たい麺に半熟の卵+醤油

釜揚げのうどん。水で締めないのでモチモチ感が楽しめるのとのコト。
かまあげ     340 ・・・ ゆでた麺を冷やさずに、熱いダシにつけてたべる。
かまたま     340 ・・・ 釜あげめんに生卵がからめてある。
ねばたま     390 ・・・ 釜あげめんに納豆がからめてある。
めんたま     390 ・・・ かまたまに明太子とバターを加えてある。
数字は小盛りの値段。大盛りは+100円


私は讃岐には行った事がないので本場と比べてどうかはわかりませんが、麺はちゃんとコシがあって美味しかったです。半熟卵天も良し。ちくわ天は懐かしい味がしました。(笑)何より安くて手軽。また使ってしまうと思います。次回は予習したので常連のふりをしてメニューも見ずに注文したいと思います。

オフィシャルホームページ

他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ


((追伸))うどんを食いまくっている方のブログを発見。名づけて「うどんログ」。。。麺通団にも何度も通われているようで沢山のメニューの感想。および写真を見る事ができます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

「イシバシ・レシピ」って知ってますか~!?

こんばんは。「知ってますか~!?」シリーズ第2弾。また、結局食べ物の話なんですが。。。

TBSの深夜(毎週月曜00:55より)にやっている「イシバシ・レシピ」と言う番組です。この番組は2003年10月から半年ほどやっていた番組の続編です。石橋貴明氏が最終回に「半年メジャーリーグの番組やって戻ってきます。」と言っていて、その通り戻ってきたんです。またまた、知らない方のために軽く説明しておきますと。。。毎週ある食材をテーマに石橋氏が自慢の腕を披露。ゲストの有名シェフと一緒に味見をします。その後、有名シェフがプロの技を披露。もちろん石橋氏よりも2枚も3枚も上手なわけです。(当たり前。。。)

この番組、石橋氏が作る家庭的なレシピと、同じメニューを有名シェフはどのように作るのかが比較できて面白いんです。やはり有名シェフのレシピは手間のかけ方が違うわけです。「やっぱプロはすごいねえ」と感心してしまうわけです。
ただ、最近は同じ食材を使って、石橋氏とシェフは違う料理を作るようになってきました。例えば、昨日のテーマ食材は「牛スジ」。石橋氏は「牛スジカレー」シェフは「牛スジのビール煮込み」を作っていました。石橋氏のレシピもナカナカです。昨日のカレーにはクミンとコリアンダーとかチャツネとかイロイロ入れてました。チョコとか入れるのは私はあんまり好きではないんですけどね。でも、確かにクミンを入れるとグッとカレーっぽくなるんです。。。もちろんシェフのビール煮込みは文句無く、とても美味しそうでした。

この番組の欠点はひとつ。。。「夜中にお腹が空くことです。。。」

深夜帯のグルメ番組はマニアックで面白いですよね。(あんまりないけど)ずーと昔「解析料理~アルケストラトスの食卓~」と言う深夜番組がありました。(知ってるかな。。。知らないだろうなあ。。。)毎回ひとつの料理技法について解説する非常にマニアックな番組。フランス料理の技法が主だったけど、毎回美味しそうな料理が出てきていました。当時は学生だったのでフレンチなんかほとんど経験なかったし、今見たら面白いんだろうなあ。。。(調べてみれば96年だそう。。。)

さて、イシバシレシピの話に戻るとDVDがでているそうです。2003年度(?)放送分のようです。私はほとんどビデオとってまでチェックしたので。。。って、そんな事言いながら買ってしまいそうです。

DVDに収録されているメニュー。
(前編)ポークソテー、とんかつ、角煮、しょうが焼き、カツ丼、ごはんと炊き込みご飯、ピラフ、チャーハン、オムライス、親子丼、クリスマス鶏料理
(後編)お正月鯛料理、鶏の唐揚、たまごやき、餃子、韓国料理、天丼、ハンバーグ、コロッケ、牛丼、冷やし中華、シーフードカレー、ピザ
だそうです。。。

ちなみに、
アマゾンで探してみました。
20%引きなんてお店もあるようです。(楽天)

「知ってますか~!?」シリーズ第1弾も見てね

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 20, 2005

【レシピ】 タコライス(沖縄料理)

こんばんは。ひさびさの「こんなの作ってます。」です。

私はタコス大好きです。メキシコ料理のタコスをたまに家でやります。トルティーヤを作って、レタス等いろんなものを挟んで辛いサルサソースをかけて食べる。とても美味しいです。ただ、トルティーヤを作るのは結構面倒。で、タコスな気分の時はタコライスを作ることがあります。タコライスはタコスの材料をゴハンの上にのせて食べる料理。発祥の地はメキシコでなく沖縄だそうです。

taco

●タコライスを作る。
(材料 ひとり前)
チーズ(ピザ用の細く切れているのが便利) ・・・50g
トマト                       ・・・小1個
レタス                       ・・・3、4枚
卵                         ・・・1個
サルサソース                   ・・・適量
チリビーンズ(レシピは下記参照)      ・・・適量    
ごはん                      ・・・茶碗一杯

1.ごはんを適量お皿によそう。
2.荒めの千切りにしたレタスとぶつ切りにしたトマトをご飯に敷き詰める。
3.さらにチーズを敷き詰め、その上にチリビーズをのせる。
4.めだま焼きをのせて、最後にサルサソースをかける。

ポイント
・材料は分量は適当、好みの量のせるのが良いと思います。沢山作ってみんなでワイワイ手巻き寿司感覚で盛り付けてよく混ぜて食べましょう。
・めだま焼きは半熟が良いと思われます。。。。(黄身は限りなく生で。)

●チリビーンズを作る。
(材料 作り易い量)
チリビーンズ用シーズニング     ・・・1袋
レッドキドニービーンズ水煮缶    ・・・2缶(豆500gくらい)
牛ひき肉                ・・・500g
トマト水煮缶              ・・・500g
サルサソース             ・・・1びん(200gのもの)
ローリエ                ・・・2、3枚
水                    ・・・カップ1/2

1.牛ひき肉を加えてよく炒める。油が出てくるので捨てる。
2.シーズニングを加えてさらに炒める。
3.サルサソースとトマト水煮を入れてさらに炒める。
4.ローリエ、水と豆をいれて20分ほど煮込む。(水気が飛ぶように。。。)

ポイント  
・水煮缶は500gの缶でも豆は250gくらいしか入ってないので分量に注意。私は豆と牛肉とトマト水煮缶の量が同量くらいが良いと思います。まず豆とトマト水煮缶を入手し、その量にあわせて牛肉を買うのが良いと思います。
・辛さはサルサソースで調整しています。(レシピには一瓶って書いてありますが、食べるとき用に残しても良いと思います。)
・チリビーンズ用シーズニングがない場合は、にんにくのみじん切り、クミン、コショウ等を加えて炒めれば良いと思います。

もちろんタコソースも自作できます。そのうちレシピを紹介しますかもです。。。どこまで作るか?どこまで市販で済ますか?いつも悩みます。(やっぱり手作りの方が美味しいですよね。)

おまけ
・楽天でもレッドキドニー水煮缶が買えます。その他の材料も同じサイトで買えます。
・メキシコ料理なら、オールドエルパソでないと。。。と言う人はコチラ。。。こちらだとタコソースの辛さがマイルド、ミディアム、ホットの3段階の辛さが選べます。


他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ

|

February 19, 2005

【韓国料理・焼肉】 ソウル(SOUL) (西葛西)

こんにちは。本日韓国料理シリーズ(?)第3弾。西葛西のソウルです。
このお店は年末年始にかけて3回も通ってしまったお気に入りです。
焼肉食べたいなあと思って、偶然入って見つけたお店です。

この店は内臓系に力を入れているようで、セットメニューで5種類の内臓を食べられます。コブクロ、ハツ、地鶏、レバー、ホルモン、ミノだったかな。。(たぶん)
「地鶏は内臓か?」と言うつっこみもありますが、そこは目をつぶって。。。
ここの地鶏はとてもぷりぷりしていて美味しいんです。2回目以降は単品で注文してしまいました。

soul

それからオススメなのがケジャン。。
ケジャンとは生の蟹をコジュジャンベースの甘辛のタレに漬け込んだ刺身です。
日本では蟹を生であまり食べないのでとても新鮮でした。もちろん美味でやみつきになりました。結構量がでてきたので余りはお土産にしてもらいました。

それ以外「つきだしのナムル」、「ユッケ」、「テグタン」と、どのメニューもほとんどハズレ無しの、美味しい店です。お店は東西線西葛西駅から近いです。ちょっと調べたところグルナビ等には出てなさそうです。詳しい場所が知りたい方はカキコorメールください。

== オマケ ==
ある雑誌に「卵つきカンジャンケジャン」が載っていました。
(カンジャンは醤油味という意味だそう。)
オレンジ色の蟹卵がたっぷり付いているケジャンで、とても美味しそうです。
絶対食べてみたい!そのお店は韓国のお店でしたが、東京近郊で食べられるお店をご存知の方は教えてください~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 16, 2005

【韓国料理】 松屋(ソナム) 東中野

こんばんは。韓国料理シリーズ第2弾。先日行った、松屋(ソナム)の紹介です。
このお店もマスコミ露出度が高いですね。今回は冬だし温かいお鍋が食べたい!と言う事でカムシャタンが美味しいと噂のこの店をセレクト。
カムシャタンとは、お鍋に入っているジャガイモの韓国名だそうです。(ホームページより)鍋には辛いスープに葱などの野菜と沢山の豚骨が入っています。あ、もちろんその名の通り大きなジャガイモも入っております。豚骨にはまわりに肉が付いていてこれをしゃぶりつきながら食べます。スープはそんなに辛くなくて豚骨からもダシが良く出ていて美味しかったです。ジャガイモにはしっかりその美味しいスープが染みこんでいました。一通り食べ終わった後、ゴハンを入れて雑炊にします。この雑炊がまたたまらなく美味でした。

sonamu

上にも書きましたが、このお店は相当マスコミに出ているようです。お店を入ると今まで掲載された雑誌や新聞の数々が張ってあり有名店であることを証明しています。予約していった方が無難でしょう。このお店ではカムシャタン以外にもイロイロマスコミに登場したメニューがあるようです。行くときはなるべく多人数で行った方が良いでしょう。やっぱり行くならいろんなメニューを試したいですからね~。カムシャタンは小(1900円)でもたっぷりした量が出てきますので雑炊まで行くと、二人くらいだとそれでお腹一杯になっちゃいます。(あなたがかなり大食いだった場合はまた話は別ですが。。。)

松屋ホームページ
http://www.sonamu.jp/

ちなみに、このお店に行く途中に南インドカレーの有名店「カレーリーフ」がありました。。。場所を知ったからには行ってみよう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 13, 2005

【韓国料理】 妻家房(豊島区池袋)

前にも書きましたが、最近韓国料理にハマっております。そんなわけで、今日はプルコギです。「妻家房」という韓国料理屋です。最近マスコミ露出度がかなり高いお店なんですが、いろんなトコにあって気軽に使えます。今回行ったのは東武池袋店の中にあるお店ですが、本店は四谷にあるそうです。他にも新宿店(新宿MYCITYの中)に良く行きます。支店はイロイロある模様。あのコレド日本橋にもあるそうです。(私は行った事ないですが。。。)内装は雑誌で見ましたがかなりオシャレな事になっています。
詳しくはホームページで見れます。
http://www.saikabo.com/

さてさて、プルコギなんですが、味付けのしてある牛肉とたっぷりの野菜を中央の盛り上がった鍋でジュージュー焼くんです。「プル」は火、「コギ」は肉と言う意味で、韓国料理では焼肉と言えばプルコギを指すそうです。ホームページには韓国風すき焼きと書いてありました。味は甘めで肉も柔らかであっという間に食べ終わりました。他にも「ユッケ」「パチヂミ(イカ、ネギとかが入っている。)」「テンジャンチゲ(豆腐・アサリなどが入った辛めの味噌汁。)」を頼みました。「テンジャンチゲ」は味も見た目も日本の味噌汁にとても近いです。日本の味噌汁+ちょっと唐辛子と言う感じでした。チヂミは一皿で結構な量が出てきました。少人数でイロイロ食べたい時は注意。。。

saikabo

飲み物は「梨ジュース」を注文。「韓国では一般なのかな?」と、面白そうなので頼んでみました。梨を摩り下ろしてザラザラした果肉も入っている100%(おそらく。。。)の梨ジュースでした。美味しかったですが、氷が入っていた方が良かったなあ。(氷が入っていないのも韓国流なのだろうか?)

他のグルメブログはこちら~!どれも美味しそうなブログばかりですっ。
グルメ・料理(全般)の人気blogランキングへ


((追伸1)) こちらの方も梨ジュースを注文。。。やはり定番なんですね。

((追伸2)) コチラの方も梨ジュースを絶賛。。。ちなみに私昨日松屋に行きました。。。東中野のです。(そのうち書きます。)

((追伸3)) そうそう。言い忘れていたんですが、四谷店では「キムチ教室」なるものをやっています。韓国の本格的なキムチの作り方が学べるのだそう。。。ただ、テレビとかで紹介されているので、大人気。みぽりんさんのブログによれば、相当予約が大変のようです。

((追伸4)) このブログにチヂミの写真がでています。大きいですよね。ちなみに他にも写真がUPしてあります。この方は新宿のマイシティ店に行かれたそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 02, 2005

中国茶をいかにして飲むか!

みなさん、おひさしぶりです。最近ひじょ~に寒いですね。ここ2,3年くらい前から中国茶を飲んでおります。ただし、期間限定、冬だけ頂きます。「清茶やジャスミン茶を氷で。。。」と、夏にも楽しむ方法もあるようですが、私はやっぱり中国茶はホットが美味しいと思っています。ゆえに、冬は中国茶の季節なのです。しかも今年は花粉が大量発生(いつもの30倍!)、花粉症に効くと言われている凍頂烏龍茶も中国茶(台湾)の一種なんです。そんなわけで(?)今日は「中国茶をいかにして飲むか!」(私が。。。)をご紹介。

・会社で飲む!
私は会社でも中国茶を飲みます。「会社でも飲みたい!」と言うときは茶漉しつきのマグカップが便利です。お茶のお店で1000円くらいで購入する事ができます。中国茶の場合は一回の茶葉で何度もお湯を注いで飲むことができるので、一回分の茶葉で一日中お茶を楽しめます。(もちろん限度はありますが。。。)茶葉を買って会社においておけば、毎日ペットのお茶を飲むより、経済的でしかも美味しいです。

・家でひとりで手軽に飲む!
家で飲むときは蓋碗(ガイワン)を使ってます。蓋碗とは茶碗蒸しの容器のような茶器です。蓋碗はフタが微妙に楕円になっています。これによって、器との隙間ができて、ここからお茶を飲んだり、注いだりすることができます。

tea2(蓋碗です。。。ちなみにお茶は碧螺春です。)

・誰かを招いて飲む!(高価な茶葉を飲む!)
誰かを招いたりしたときは、茶壺を使って工夫茶を行います。小さな急須に茶葉を入れお湯を入れてフタをし上からさらにお湯をかけているのを見た事があるでしょうか?あれです。詳しい方法はいろんなページで解説されているのでここでは省きます。工夫茶は小さな茶碗(茶杯という)で何杯も飲みます。ゆっくり話をしながら何杯ものお茶を飲む時間はゆつくりと流れ、とてもリラックスできます。また、高価な茶葉は工夫茶をして飲むのが良いと思います。味や香りをちゃんと楽しむ事ができるからです。

tea(茶壺&茶杯です。。。ちなみにお茶は肉桂です。)

(おまけ)トリセツという番組をご存知でしょうか?木曜深夜24:50より放送しているテレビ番組です。毎週あるテーマについて、そのテーマを楽しむときに「いかに立ち振る舞うべきか」について説明した番組です。この前(1/27)は中国茶の特集。いままでテーマにならなかったのが不思議な感じでした。番組に出てきた「華泰茶荘」は私もよく行きます。店主の林さんは日本語ペラペラなのに何故か中国語で解説。。。さすがトリセツ。。。雰囲気重視なのね。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »